自転車事故は解決したのに、また、なんで?

先週の金曜日の子供の自転車事故が解決しました。

相手の方が現れないので、当方の人身傷害保険を使うことにしておりましたが、18日の木曜日に警察から相手の方が出頭してきたとの連絡があり、昨日の土曜日に相手の方と示談の話し合いをすることになりました。

相手の方は、保険を使いたくないそうで、また、人身扱いにもしてほしくないということでした。
こちらとしては、相手の保険会社の担当の方と話したほうが話しやすかったのですが、相手の方の意向がそういうことなので、直接話し合いました。

話の内容ですが、未成年に対して連絡先も告げずに立ち去ったことについて、謝罪していただきました。(たぶん、警察のほうで説教されたと思います。)
次に、お金の話しですが、こちらの、治療代、自転車を買い換えた費用、人身傷害保険で得られたと考えられる慰謝料を示しました。慰謝料については、当方の保険会社の担当の方から、1回通院あたり4200円と伺っておりました。また、相手の車の損害については、自転車総合保険に入っておりましたので、その、個人賠償責任保険で支払える旨を伝えました。ただし、その場合は、人身傷害保険と、個人賠償保険を使うので、人身扱いにして後は保険の担当の方にお任せする旨伝えました。

で、結論は、こちらの被害額を相手の方が支払うということで、示談書にサインしました。

一件落着!!

と、思いきや、我が家ではその話し合いをする前に、別の事件が起こっていました。

今度は、下の中1の子が、通学途中、自転車でひとりでこけて怪我をしていると、学校から連絡が入ったのです。
それで、学校へ下の子を迎えに行き、上の子は風邪で咳き込んでいたので、内科に連れて行きつつ、下の子を外科に連れて行きました。
結果は剥離骨折でした。

これでまた、外科通いと、保険会社とのやり取りに追われる日々が続きそうです。

  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ランキングへ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • おきてがみ

関連記事

カテゴリー:通学用自転車
.

コメントを残す