「星野仙一氏が楽天の監督に内定」で思うこと。

星野仙一氏が楽天の監督に内定しました。

もし、真弓阪神が優勝争いに絡んでなかったら、阪神で監督復帰されていたのか気になるところです。
楽天はブラウン監督で、だらだらキャンプをしていい結果が出なかったので、来年はがんばってほしいですね。
しかしながら、選手とのパイプ役として尽力された島野育夫氏は他界されており、ヘッドコーチには田淵幸一氏がなるようなので、うまくいかないんじゃにかという気がします。
ひょっとしたら、選手とのパイプ役として、平田勝男氏を守備走塁コーチに呼ぶんじゃないでしょうか。そうであれば、ウエスタンリーグで優勝した2軍監督を、阪神が更迭したのも納得がいきます。
いずれにせよ、星野氏のことですから、大型補強をすることでしょう。フリーエージェントの阪神金本、安藤、横浜の内川、村田、ヤクルトの石川、大リーグで役立たずの井川、その他松井秀喜など、何ぼでも補強できます。ただ、楽天はどこまでお金を出せるか、甚だ疑問ですが。

  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ランキングへ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • おきてがみ

関連記事

カテゴリー:プロ野球
.

コメントを残す