基金訓練に行ってきました。(71日目)


基金訓練(Webデザイン・プログラミング科)の71日目に行ってまいりました。
71日目は、PHPプログラミングとWordPressの実習です。
WordPressをカスタマイズする過程の中でPHPを学習するようです。

71日目の内容は下記のとおりです。

1.PHPの特徴

HTML埋め込み型のプログラミング言語
HTML文書の中に部分的に埋め込んで記述します。
サーバーサイドスクリプト言語
Webサーバが動いているコンピュータで実行され、書いたコードをそのまま実行できます。
オープンソース
ソースが公開されています。
多くの機能が用意されています。
DB操作、メール送受信等の機能があります。

2.PHPを使う為に準備するもの

テキストエディタ
Peggy Pad、Terapad等、UTF8-Nで保存できるもの。
FTPクライアント
FileZilla Client、FFFTP等。
Webブラウザ
IE、fireFox等。
PHP
 
Webサーバ
Apache等。
データベースサーバ
MySQL等。

※XAMPP Liteをインストールすれば、PHP、Webサーバ、データベースサーバをまとめてインストールできます。

3.XAMMP Liteの導入

  • apache friends – xampp for windows
     からXAMPP LiteのZIPファイルをダウンロードします。
  •  

  • ZIPファイルを解凍し、xamppliteフォルダを任意の場所にコピーします。
     (日本語名のフォルダはだめなので、Cドライブのルートにコピーすればいいと思います。)
  •  

  • 初期設定の為、フォルダ内のsetup_xampp.batを実行します。
     (ドライブのルートにxamppliteフォルダをコピーした時は、この設定は必要ありません。)
  •  

  • コマンドプロンプトが立ち上がるので、(y/n)の問い合わせ(3回)にすべてyキー+Enterキーを押した後、Enterキーを2回押し、(1-5/x)の選択でxキー+Enterキーで終了します。
  •  

  • フォルダ内のxampp-control.exeを実行すると、XAMPP Liteのウインドウが開きます。
  •  

  • Apache、MySQLそれぞれの横にあるStartボタンを押します。
  •  

  • Apache、MySQLそれぞれの横にあるAdminボタンを押し、ブラウザが起動してページが表示されれば正しく設定されています。

4.WordPressの導入

  • WordPressのホームページ
     からWordPressのZIPファイルをダウンロードします。
  •  

  • ZIPファイルを解凍し、¥xampplite¥htdocsフォルダにwordpressフォルダをコピーします。
  •  

  • ブラウザで http://localhost/wordpress/ に接続すると、WordPressのエラー画面が表示されます。
  •  

  • 「wp-config.phpファイルを作成する」ボタンを押します。
  •  

  • wp-config.phpファイルを作成する為のウィザード開始されるので、「次に進みましょう!」ボタンを押します。
  •  

  • 各項目を次のように記入します。
     データベース名 test (MySQLにデフォルトである空のデータベース)
     データベースのユーザー名 root (MySQLにデフォルトであるユーザー名)
     データベースのパスワード 空欄(何も記入しない)
     他はデフォルトのまま
  •  

  • 「作成する」ボタンを押し、次の画面で、「インストールを実行しましょう!」ボタンを押すとブログの設定画面になります。
  •  

  • ブログタイトルとメールアドレスを適当に入れ、「WordPressをインストール」ボタンを押します。
  •  

  • 「成功しました!」という画面が出れば設定完了です。「ログイン」ボタンを押してログインしてください。

備考

Movable Typeの場合は、XANPP Liteではだめで、XAMPPを使用する必要があるようです。




  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ランキングへ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • おきてがみ

関連記事

カテゴリー:職業訓練
タグ: , ,

コメントを残す