WordPress プラグイン Jetpackに隠れ設定メニュー?

当ブログで先日投稿した Error during WebSocket handshake: Unexpected response code: 403 の記事の中で、を、WordPress のプラグイン Jetpack の開発担当者の、エラー修正方法についての返答を紹介しました。

jetpack設定メニュー

その中で、
「サイトでJetpackプラグインを使用している場合は、このページに移動して通知機能を無効にしてください」
https://yoursite.com/wp-admin/admin.php?page=jetpack_modules
とありました。
それで、yoursite.com を自分のサイトのアドレスに変えて開いたところ、上のような機能一覧で有効か、無効かが設定できる画面になりました。(SSL化されていないサイトの場合は、httpsをhttpに変えてください。)

いまの Jetpack の設定画面では、機能一覧はなく、タブでグループ分けしています。
この画面は、古いバージョンの Jetpack ではあったような気がします。
もしや、隠れ設定メニューかと思いましたが、管理画面からたどれば表示できます。

方法は、管理画面の左のメニューから Jetpack → ダッシュボード をクリックします。
次に、ダッシュボード画面で一番下までスクロールして、フッターメニュー部の デバッグ をクリックします。
最後に、画面の下のほうの、「お使いのサイトで使用可能な Jetpack モジュールの全一覧にアクセスします。」をクリックします。
先ほどの画面が表示されます。

関連記事

カテゴリー:WordPress
タグ: , ,

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.