「Research Artisan Lite」のお引越し

Research Artisan Lite(以後RAL)は、PHPで記述されたオープンソースのアクセス解析ツールで、サーバにインストールして使用します。

新規で1年1000円のレンタルサーバ DomainKing を借りて、RALをインストールして使っていたのですが、契約期間が終わるので、ミニバード
を借りて移設することにしました。

ので、やり方をメモしておきます。

A. データベースのデータの引越し

1. 旧サーバの MySQL のテーブルで RAL に関係あるものを phpMyAdmin を使って、エクスポートします。
テーブルをまとめてエクスポートもできるのですが、データがでかいとダウンロードできない時もあるので、何回かに分けてエクスポートします。

2. 新サーバでデータベースを作成します。

3. 1でダウンロードしたファイルを、新サーバのデータベースに phpMyAdmin を使ってインポートします。

B. RAL 関連のファイルの準備

1. 旧サーバの RAL 関連ファイルをFTPソフトなどを使って、ローカルにダウンロードします。

2. setting フォルダ内の database.php をテキストエディタで開き編集します。

<?php
define('DATABASE_CONNECT_HOST','ここにホスト名');
define('DATABASE_CONNECT_USER','ここにユーザーID');
define('DATABASE_CONNECT_PASS','ここにパスワード');
define('DATABASE_DB_NAME','ここにデータベース名');
define('DATABASE_TABLE_PREFIX','ここは接頭語');
?>

ホスト名:新サーバーのデータベースのホスト名。
( phpMyAdmin で、上の方に
サーバ:XXX または、
ホストアイコン XXX
と書かれているのでそのXXXのこと。)
ユーザーID:新サーバの MySQL にログインするときのユーザーID。
パスワード:新サーバの MySQL にログインするときのパスワード。
データベース名:新サーバの MySQL に作成したデータベース名。
接頭語:変更しない。

3. setting フォルダ内の path.php をテキストエディタで開き編集します。

<?php
define('CORE_PATH','ra_core フォルダのディレクトリルートからのパス');
?>

パスがわからないときは、下記の内容で test.php ファイルを作成し、新サーバの RAL をインストールするディレクトリにアップロードし、ブラウザでアクセスすればわかります。

<?php echo __FILE__ ;?>

ブラウザでアクセスすると、/・・・/test.phpと表示されるので、
・・・をコピーして、ra_core フォルダのパスは
/・・・/ra_core/
とします。

4. サーバ上の test.php は、必要無いので削除して下さい。

C. 新サーバにRAL関連のファイルをアップロード

Bで準備したファイルを、すべて新サーバにアップロードして引越し完了です。

 

  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ランキングへ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • おきてがみ

関連記事

カテゴリー:レンタルサーバ
タグ: , , , , , ,

コメントを残す